No.48


12月〇日
我が家のわんこ、りーちゃんとるーちゃんが
いなくなって初めての年末年始を迎えます。

とっても淋しいので、気分転換に
「キャバリアだらけの小さなカレンダー」
を購入しました。



いいものですね。眺めているだけで、
気分がほっこりしてきましたよ。(*^_^*)

来る2019年が飼い主さんにとって、
よい年でありますように!
また動物たちにとって、
よい年でありますように!

そして可愛い動物たちに巡り合えますように!

12月29日
世の中は昨日28日をもって仕事納めみたいですが、
当院は本日29日が仕事納めです。

年末年始は体調崩さないでくださいね。(*^_^*)

2019年
1月〇日

新しい年を迎えました。平成最後の年ですね。
干支は亥(=イノシシ)ということで、
毎年恒例、某製薬会社が届けてくれる
干支の人形(ゾエティスくん)を飾ることにしました。



わんこが被り物でイノシシになりきる、
ちょっとかわいいでしょ。(*^_^*)

昨年はお隣の岐阜県・愛知県において、
野生イノシシを感染源とする豚コレラ(法定伝染病)
が家畜に発生して大変なことになっていましたが、
今年一年が平穏で感染症の少ない年でありますように!

1月〇日
みなさん初夢は見ましたか?

初夢とは
@12月31日夜に見る夢だという説と、
A元日の夜寝てから見る夢であるという説、
Bすでに新年を迎えてから初めて見る夢、
という、3つの説があるそうです。

ちなみにこのBが正しい説ならば、
私は初夢を見たことになります。

初夢は、獣医師国家試験に関するもので、
出題された問題の正答が絞れず(問題は5択)、
おろおろと困っている夢でした。
もう免許を取得してかなり経つのにね。

国試に関する夢は年に2,3回見ますが、
細部は遅刻しそうだったり、写真判定の図が
無かったり、会場で迷ったり等々様々ですが、
見る時期は冬〜春ばかりなので、この時期
受験報道が多くなることと関係あるのかな、
と個人的には考えてしまいます。

国試の夢を見るたびに思い出すのは、
その頃ある先生に言われた
「獣医師の仕事は、とくに臨床は、
どんなに多くの経験を積んでも、
どんなに勉強に励んでも、
わからないことはなくならない」

という言葉です。

獣医学が自然科学に根差している以上、
解明されていないことが存在するのは
ある意味当然といえば当然でしょうが、
優秀かつ経験豊富なその先生の言葉に、
駆け出し当時の私は衝撃を受けました。

私自身はこの言葉の意味を、
「獣医師として臨床に携わる以上、
新たに学ぶことを怠ってはならない!」

という戒めの意味に解釈しています。

年の初めに見る夢としては、
富士も鷹もなすびもありませんでしたが、
実はいい夢だったのかもしれません。

※この日誌に登場するわんこ・にゃんこは基本的に仮名です。