No.48


12月〇日
我が家のわんこ、りーちゃんとるーちゃんが
いなくなって初めての年末年始を迎えます。

とっても淋しいので、気分転換に
「キャバリアだらけの小さなカレンダー」
を購入しました。



いいものですね。眺めているだけで、
気分がほっこりしてきましたよ。(*^_^*)

来る2019年が飼い主さんにとって、
よい年でありますように!
また動物たちにとって、
よい年でありますように!

そして可愛い動物たちに巡り合えますように!

12月29日
世の中は昨日28日をもって仕事納めみたいですが、
当院は本日29日が仕事納めです。

年末年始は体調崩さないでくださいね。(*^_^*)

2019年
1月〇日

新しい年を迎えました。平成最後の年ですね。
干支は亥(=イノシシ)ということで、
毎年恒例、某製薬会社が届けてくれる
干支の人形(ゾエティスくん)を飾ることにしました。



わんこが被り物でイノシシになりきる、
ちょっとかわいいでしょ。(*^_^*)

昨年はお隣の岐阜県・愛知県において、
野生イノシシを感染源とする豚コレラ(法定伝染病)
が家畜に発生して大変なことになっていましたが、
今年一年が平穏で感染症の少ない年でありますように!

1月〇日
みなさん初夢は見ましたか?

初夢とは
@12月31日夜に見る夢だという説と、
A元日の夜寝てから見る夢であるという説、
Bすでに新年を迎えてから初めて見る夢、
という、3つの説があるそうです。

ちなみにこのBが正しい説ならば、
私は初夢を見たことになります。

初夢は、獣医師国家試験に関するもので、
出題された問題の正答が絞れず(問題は5択)、
おろおろと困っている夢でした。
もう免許を取得してかなり経つのにね。

国試に関する夢は年に2,3回見ますが、
細部は遅刻しそうだったり、写真判定の図が
無かったり、会場で迷ったり等々様々ですが、
見る時期は冬〜春ばかりなので、この時期
受験報道が多くなることと関係あるのかな、
と個人的には考えてしまいます。

国試の夢を見るたびに思い出すのは、
その頃ある先生に言われた
「獣医師の仕事は、とくに臨床は、
どんなに多くの経験を積んでも、
どんなに勉強に励んでも、
わからないことはなくならない」

という言葉です。

獣医学が自然科学に根差している以上、
解明されていないことが存在するのは
ある意味当然といえば当然でしょうが、
優秀かつ経験豊富なその先生の言葉に、
駆け出し当時の私は衝撃を受けました。

私自身はこの言葉の意味を、
「獣医師として臨床に携わる以上、
新たに学ぶことを怠ってはならない!」

という戒めの意味に解釈しています。

年の初めに見る夢としては、
富士も鷹もなすびもありませんでしたが、
実はいい夢だったのかもしれません。

2月〇日
今日は毎年この時期みなとみらいで開催される
獣医内科学アカデミーに行ってきました。

じつは年末楽しみにしていたセミナー、
いざ行こうとしたら、新幹線の変電所トラブルで
運行が停止、最終的に出席を見送りの憂き目に
あっていたので、今回もちょっとだけ心配したけど、
難なく行けました。



先週から愛知や岐阜で豚コレラが連続して発生しており、
地域によっては応援に駆り出される先生方もいたようで(T_T)、
今年のセミナーは、例年より参加者が少ない様な気がしました。

駆り出された先生方は、精神的にもかなりつらかったみたいです。
ご苦労様でした。

2月〇日
膵炎治療の新薬発売を記念したセミナーに行ってきました。

この新薬、かつてヒト用として研究・開発されていたものが、
製薬業界再編の波にもまれて一旦消えてから、
研究開発者たちの努力と執念で、
改めて動物薬の世界で発売になった変わり種。

ここまでだったらいくらもありそうな話ですが、
このお薬はその作用機序-特定の白血球の遊走を
選択的に阻害する-が、世界にも例のないもので、
膵炎治療のブレークスルーとなりうるもの。

このユニークな作用機序から、今後様々な疾患への
応用も期待できそうです。

なにより、
「世界初、日本初、まったく新しい発想の薬」
というのがいいですね。

現在日本でしか入手出来ない薬ですが、
来年には米国で認可され、2年後には欧州での
発売が予定されているとか。

3月〇日
1年ぶりに数日間のお休みをとりました。

というのも、休診日といえども入院患者のいる日は
患者の状態をしっかり診なければなりませんし、
ほとんどは処置等があって、まず出かけられません。

昨今引きこもりが社会問題化していますが、
よく考えてみたら、私自身も仕事の延長線上で
「院内引きこもり状態?」です。

自分で選んだ道とはいえ、これ大変なんです。
せめて年に1回くらいは外の世界を見たい、
思考も内向きになって精神衛生上良くないし。

というわけで、なんとか予定をやりくりして、
昨年に続き、美術館巡りの旅行に行きました。
久しぶりの遠出は、とっても楽しかったです。
こころやすまる数日間でした。

ところで旅行中あるカフェで休んだ時、
こんな紅茶を見つけました。
アールグレイなんだけど、名前が奇抜!
“MONKEY'S WEDDING”




なぜ、なぜ、おさるの結婚式なの?
ご存知の方、おられましたら教えてください。<m(__)m>

ちなみに年に一回程度ではありますが、
わたし、おさるも診ています。
おさるにえにしを感じました。


PS
その後“MONKEY'S WEDDING”につきましては、
ある方から、
たぶん「狐の嫁入り」のことですよ、
と教えていただきました。
なーるへそ、そうなんだ。 (^_-)-☆

ただ、なぜ紅茶にあえてこのようなネーミングを
しているのかはよくわからない、
とのことでした。

1日
ご存知のとおり、今日は元号「令和」が発表されました。

平成時代ももうすぐ終わりなんですね。
たしか私が大学6年生の時平成への改元があり、
研究室のTVの前、数人で小渕官房長官の発表を
見ていたのを鮮明に思い出しました。

獣医学部は6年制なので、この段階で自動的に
昭和で大学に入学して平成で卒業を迎える、
ということになりました。

当初、平成という元号には慣れませんでしたが、
獣医師免許に記載された獣医師登録年月日に、
「平成〇年〇月〇日」と記載してあるのを見たとき、
社会人としての自覚と喜びを感じるとともに、
改めて新しい時代が始まるんだな、と実感しました。

新しい元号「令和」は万葉集に由来するとか。
素敵なひびきですね。個人的にはいいと思う。
まだ慣れませんが、
今後どんな時に自分が
新時代「令和」の到来を実感できるのか

少し楽しみが増えた気がします。

ちなみに私は今、運転免許証の更新中!
新しい免許には「令和」が記載されているのかな?
〇日
獣医師にとって、春の到来を告げるといわれる、
桜じゃなくて、狂犬病予防注射の季節になりました。
一年なんて、あっという間ですね。

ところで
狂犬病の日本への侵入リスク
どれくらいか、ご存知ですか?

2年ほど前になりますが
英国動植物獣医学研究所開発のリスク計算式を、
日本の状況に合わせて合理的に計算した
東大大学院の研究者がおり、その結果が
横浜の学会で発表されて、注目をあびました。

まず基本的な事実として、
日本には現在毎年1万頭の犬と猫が輸入され、
加えて在日米軍関係で1000〜2000頭の犬と猫が
輸入されています。意外と多いんですね。

これらの数値をベースに、
前出の先生の計算によれば
現在日本への輸出ルール、すなわち
1)輸出国での2回のワクチン接種
2)抗体検査
3)180日の待機
が厳密に施行されるとすると
侵入リスクは49444年に1回となるそうです。

一方、法律を遵守しない者が20%いるとすると、
そのリスクは249年に1回(約200倍)に激増する
そうです。

いずれにせよ、計算上のリスクは低そうだけど、
一人でも狂犬病による犠牲者を出さないためには、
(狂犬病はあらゆる哺乳類に感染する疾病です)
獣医師として啓発活動に励むことはもちろん、
愛犬家の方々にはきちんと予防接種を受けて
いただく、ということでしょうか。

ところで、以前はロシア船からの不法上陸犬による
侵入リスク(新潟や北海道)が危惧されていましたが、
前出の計算で現在は
侵入リスクが108万年に1回まで
著しく低下しているそうです。

ここからは私の推測ですが、
ロシアでは、クリミア併合以来欧米諸国による
経済制裁によって、従来中古の日本車を買い付けに
来ていたロシア船等が激減したことが原因ではないでしょうか。


※この日誌に登場するわんこ・にゃんこは基本的に仮名です。