No.49


〇日
下に示した画像2枚は、
以前内視鏡操作のブラッシュアップ用に
個人で作成したわんこの消化器の模型です。

一般に「マーゲンモデル」と呼ばれるもので、
「食道噴門部→胃→幽門部」までを、外部・内部構造を含め
忠実に再現しています。

通常医療機器メーカーが依頼を受けて受注生産するものですが、
なんとなく作れそうな気がしたので、挑戦してみました。

先日医療機器の関係者が来た際、処置室でこれをたまたま目にして
あまりに褒めちぎってくれるので、ここに公開することにしました。

褒められること自体、悪い気はしないんだけど、
これって、お世辞でほめてくれるのかな・・・?



材質はお湯で温めると柔らかく透明になるプラスチック粘土で、
温度が低下すると硬化して白く不透明になる特性があります。

適当に色を付けることもできるので作成過程も結構楽しい。
(というか、作る過程こそが楽しいのかも)

しかも再度温めると柔らかくなるし、お湯以外の方法として、
ドライヤーの熱風を当てることで局所的に簡単に変形も修正も可。

ネットで検索すると、これでリアルな食品模型を作るツワモノもいるとか。
私も一度「モーニングセット」にトライしてみようかな。

〇日
今日は柴犬のマサル君がやってきた。

甘えん坊のマサル君は、お留守番がきらいらしく、
半日に及ぶ留守中に怒りを爆発させて、
なんと自分のハーネスをかみ砕いて、
その一部を食べてしまいました。

異物を食べるという悪いくせがあっても
今まで大事に至ることがなかったので
飼い主さんは軽く考えていたみたいですが、
その日の夜から激しい嘔吐が始まり、
心配した飼い主さんが緊急で連れてきました。

レントゲン撮影で確認したところ、
案の定異物が確認されました。




最終的には内視鏡で異物を摘出できたので、
おなかを切ることなく、最小限の処置で
事なきを得ましたが、最悪開腹手術も考えられた
危険なケースです。

最近はハーネスを利用される飼い主さんも
多く見受けられますが、今回のような例に遭遇すると
散歩以外では外しておくほうがいいのかな・・・、
と思いました。

※この日誌に登場するわんこ・にゃんこは基本的に仮名です。