No.31



2017年
8月○日



ずっと一緒。いつも一緒。



りーちゃんがいない毎日は
淋しくて、虚しくて、張り合いがない毎日。

でも、いつまでもくよくよしていると
りーちゃんが心配するから
前を向いて生きていこうと思います。

ずっと一緒。いつも一緒。

近くで見守ってくれているから。

だから大丈夫。
大丈夫。



ずーっとひきこもっていましたが
ちょっとずつ仕事にも
出られるようになりました。



それにしても
自分で思っていたほど
私って強くもなく、
しっかりもしていなかったと
つくづく感じました。


今までは
りーちゃん
私を強くしてくれていたんだ。
これからも頼むね、
りーちゃん



皆様には温かいお言葉をかけて頂いて
少しずつ元気を取り戻しています。
本当にありがとうございます。

同じ淋しさを既に抱えていらっしゃる方。
この先、立ち向かわなくてはならない方。
皆様が思いを重ね合わせてくださって
ものすごく慰められました。

そして、たくさんの方に偲んで頂いて
りーちゃんは幸せです!



今日の一枚は

2003年11月、我が家に来たばかりの
りーちゃんです。
生後50日、まだ1.2Kgです。

この頃は軽井沢にて新しく開院したばかりで
先生も私も多忙を極めており
日中は全然遊べなかったけれど
健康で、おりこうさんでいてくれて、
いじらしかった
りーちゃん
仕事が終わって
りーちゃんと触れ合える時間が
最高に幸せな時間でした。
仕事の疲れも吹っ飛びました。


2017年
9月○日



メニエールになってしまいました。


ある日の夕方、突然
左耳だけにキーンという高い音の
耳鳴りが始まり・・・

しばらくすると今度は目の前が
ぐるぐると回りだしました。

立っていられないし
座っていても横になっていても
目を開けていても閉じていても
ぐるぐるぐわんぐわん回って
ものすごく気持ちが悪いのです。

しばらく様子を見ようと
ベッドで寝てはみたものの
気持ち悪くてたまりません。

仕方なく先生に
軽井沢病院へ連れて行ってもらいました。

そのまま入院。

めまい止めや吐き気止め等の点滴を
夜中までしてもらい
なんとか眠りにつくことが出来ました。

翌朝は服薬指示があったので
病院で出た朝食をとり、薬を飲み、
退院許可が出たので
昼過ぎに退院。
ほっ。

現在は服薬を続けながら
静養中です。
時々フワーっとすることがあるので
独りで外出するのがちょっと怖くて
またもやプチひきこもり状態です。





ちなみに軽井沢病院のご飯は
かなり残念なお味でした・・・。

東大病院のほうが断然美味しかった!
比較にならないくらいの
レベルの差でした!!

病院によってこうも違うのかと
結構な驚きです。



2017年
9月○日



りーちゃん。お誕生日、ありがとう!

今日はりーちゃんの、14歳のお誕生日。

りーちゃんがこの世に生まれてきてくれた、
大切な大切な日です。

祭壇には、

りーちゃん
が大好きだったフルーツロールを
バースデーケーキとしてお供えしました。

りーちゃん
この世に生まれてきてくれて、
私たちの元へ来てくれて、
本当にありがとう!!

今年からは「お誕生日、ありがとう!」って
言うことにするね。





2017年
10月の佳き日



久米さん、おめでとう!


10月の佳き日。
当院トリマー久米さんの
結婚式と披露宴がありました!

私どももお招きいただき、
久米さんの新しい門出をお祝いして参りました。





当日の澄み切った青空は、
まるで久米さんの人柄そのもの。

花嫁姿の久米さんは
誰よりも美しくて眩しくて幸せそうで
本当に嬉しかった!
嬉し涙がなかなか止まりませんでした。

そして、お相手の方の
頼もしく優しそうな笑顔に
「ああ、この方なら安心して久米さんを任せられる!」と
心から安心しました。
イケメンで、爽やかで、
久米さんが結婚を決意したのも頷ける
素敵な彼です。
久米さんのために新居をプレゼントしてくれた
本当に頼もしい彼です!





当院が軽井沢へ移転開院した14年前から
久米さんにはずっと支えてもらいました。

素直で明るくて天真爛漫で
真面目で努力家で
優しくて頭も良くて可愛くて。

こんな妹がいたらなぁ。
こんな娘がいたらなぁ。
いつも思っていました。

結婚にはあまり興味がなさそうで(笑)。
とにかく犬が好き。
犬も久米さんが大好き。
どんな気の荒い犬でも
久米さんの前ではホニャっとなるくらい
犬に好かれる久米さん。

トリミングの技術向上にも熱心で
数々の大会に出ては優勝しています。

それ故、飼い主さんからの信頼も厚く
ファンの多い久米さん。

プライベートも充実している様子だったので
結婚してもしなくても
久米さん自身が幸せで楽しい人生なら
それが一番と思っていましたが
年が明けてすぐ
お式と披露宴のお招きを受けたのでした。





心温まるお式。
和やかで楽しい披露宴。
お料理も美味しく、シャンパンも美味しく
久米さんやお相手の方の
知っているエピソードにうなずき、
知らなかった一面に驚き、
余興に笑ったり
感極まって泣いたり(嬉し涙)。

私どもにとっても、すごく幸せな時間でした。

久米さん、本当におめでとう!
お二人の幾久しいお幸せをお祈りしています!!





りーちゃんも天国からお祝いしています!!
「久米さん、おめでとうワン!」







りーちゃんの事があってからの私は
ずっと引きこもっていましたが
本当に久しぶりに
晴れ晴れとした心持ちになれました。



2017年
11月19日


開院14周年を迎えました!

今日は当院の開院記念日です。

佐久より移転して
おかげさまで14周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、来院してくださる皆様のおかげです。
数ある動物病院の中から当院を選んでくださって
本当にありがとうございます。

そして、日ごろから一所懸命支えてくれる
スタッフのみんなにも感謝しています。

これからも皆様と、皆様の愛する動物たちの
お役に立てるよう精進致します。


2017年
12月30日

良いお年をお迎えくださいませ。


皆様にとって2017年は
どのような年でしたでしょうか?

私どもにとっては
やはり、
りーちゃんのことがあり
厳しくつらい年でした。


でも、良い事もたくさんありました。

皆様に優しくあたたかく
慰め励まして頂いたこと。
お花やお供え物をたくさん戴いたこと。
大変ありがたくて嬉しくて、
このことは決して忘れません。

それからスタッフ久米さんの結婚。
幾久しい幸せを願っています。

それと2016年11月に私が受けた
手術の結果が良好で
それまで悩まされていた首筋の痛みが
完全に消失したこと。
本当にラクになりました。


いつまでもクヨクヨしていては
天国の
りーちゃんがきっと心配するから
新しい年は元気を出していこうと思います。


皆様もどうぞ
良いお年をお迎えくださいませ。



「わたし、天国から
皆さまの幸せをお祈りしていますワン!」
2018年
1月〇日

本年もよろしくお願い致します。


旧年中は大変お世話になりました

本年もよろしくお願い致します。

今シーズンの軽井沢は
雪が少なくてラクです。
その分寒さが例年よりも厳しいですが・・・。

結婚して、東京から軽井沢に来て
もう長いこと経ちますが
もともと寒がりなこともあり
体はまだまだ
この寒さには適応しきれていません。

家の中はヌクヌクですが
一歩外に出るとキーーーン。と寒い。
しばれるぅ。

最初は火照ったほっぺが冷やされて
頭もシャキッとして
気持ち良いのですが
だんだんと
出ているところが冷たくなってきます。

体は完全防備でも
顔が寒い。
頭が寒い。

私の場合、特に頭皮が寒さに弱くて
長い時間屋外にいると
頭の表面が痛くなります。
放っておくと頭痛につながります。

帽子を被れば済むことなのですけれど
猫っ毛の私は、帽子をかぶると
髪がペッチャンコになってしまうので
本当はあまり被りたくないのですよねぇ。
でも仕方なく被ります。

あと、寒い場所と暖かい場所を
何度も交互に出入りしていると
冷えたり温められたりの繰り返しで
そのうち具合が悪くなってきます。
湯あたりみたいな感覚です。

なので軽井沢や近隣での冬の外出は
少ない箇所で短時間で
パッパッと済ませます。
散歩などで屋外に長時間いた場合は
帰ってすぐお風呂に入って温まります。

そんな寒がりでひ弱な私ですが
ひんぱんに温泉に入るようになって
手足の冷えはすごく良くなりました。

ミキサーで粉末にした玉露を
食事のたびに飲んでいるので
風邪も滅多にひきません。

なんだかんだ、寒さの悪口を書きましたが(;・∀・)
誰もいない冬の朝の軽井沢は
空気が澄んでいて気持ちよくて
大好きです!!




思い出

りーちゃん
寒くてもお散歩が大好きでした!
元気よく軽快に楽しそうに
しっぽフリフリ歩いたものです。


上記画像で
りーちゃんが着ている
ちょっとトッぽい黒のコート(革ジャン)は
当院のクライアントの方から
りーちゃんへ、と
イギリスのお土産に頂いた
ハロッズのお品です。

トライアンフにでも跨りたくなるような
イカシた革ジャンです(^◇^)


2018年
2月〇日

オリンピック面白かった!


オリンピック開催時はいつもそうですが
始まる前はさほど興味を持てなくても
いざ始まってみると
熱心に観戦し
テレビっ子と化します。

マススタートとカーリングの日は
忙しくて大変。
久々にザッピングしちゃいました。

がんばれ日本!と願う時。

日の丸の旗が高く掲げられ
国歌が流れ誇らしく思う時。

ああやはり私は日本人なんだと
改めて強く思います。

次はいよいよ東京ですね。

2018年
3月〇日

桜を見るとあの頃を思い出します。

去年、
りーちゃんの体調が変化して
CT検査
などの精密検査を受けに
東大病院に通った頃は
ちょうど桜が満開の頃でした。
りーちゃんとの最後のお花見になってしまいました。

それ故に桜を見ると
りーちゃんとの闘病の日々を思い出して
胸が締め付けられます。


あの頃は毎日が大切な大切な
いちにちでした。
切ないけれども濃密な日々でした。


院長先生も書いているように
治療にはベストを尽くしたので、
その意味では悔いはありません。

でも、やっぱり淋しいです。



りーちゃんが心配するから
もう泣かないと決めたけれど。
だいぶ元気になったけれど。

桜を見るとやっぱり淋しさがこみあげて来ます。

きっと来年も再来年も
同じ思いになる気がします。



2018年
4月〇日

この季節は切ない季節

くよくよしませんと言いながら
やっぱりくよくよしちゃいます。

桜の季節から
新緑の季節、
雨に濡れる青葉が美しい季節までは・・・。

一年祭が過ぎるまでは。
我慢しなくてもいいのかなって
開き直ってます。



2018年
5月〇日


夢でいいから

実は3月4月5月と
遡って、あとから書いています、
この日記。


書けませんでした。


毎日泣いて暮らしてる訳ではなく
楽しいことも嬉しいことも
もちろんたくさんあります。

元気にしています。

でも、ふとした瞬間
「ああ、去年の今日は、
まだ
りーちゃんがいてくれたのに!」と
思ってしまって。


夢でもいいからりーちゃんに会いたい。

でもなかなか夢に出てきてくれません。

夢に出るのって
大変なんでしょうね、きっと。

夜寝る前に強く願うよりも
明け方ちょっと目が覚めて
そのあと二度寝するときに
ほにゃほにゃーっと
りーちゃんのことを考えるほうが
夢に出てきてくれる確率が高いです。

りーちゃんも二度寝が好きだったからかな。


 
思い出画像

母の手編みのセーターを着て
お気に入りのベッドの端っこを
かみかみしながら寝ている
りーちゃんです。

2018年
〇月〇日


りーちゃんの祥月命日でした。


今日は
りーちゃんの祥月命日。

祭壇には
りーちゃんの好きだった
果物やロールケーキやカステラやお肉を
お供えしました

きれいな薔薇もたくさん飾って
一年祭を執り行いました。

今日までは
魂が抜けたような日々を送ってきた
一年でした。

これからは元気を出して
生きていかなくちゃ。
りーちゃんとの楽しかった
たくさんの素敵な思い出と共に。

りーちゃん
いつまでもいつまでも
私たちを守ってね。





2018年
7月〇日


マンジュキッチは幸せの合言葉

今夜はサッカーW杯決勝戦。
私はクロアチアを応援しています。


何故なら選手の名前が
気に入っているからです。

4年前にも同じようなこと、書きました。

ミセス菊池の良かった探しの日々bQ3

モドリッチ
チリッチ
スバシッチ
コバチッチ
チョルルカ
ダリッチ

一番のお気に入りは
やっぱりマンジュキッチ!

3回唱えると
願い事が叶いそうですよね!!