6月○日(晴のち雨)

いま騒がれている「宙に浮いた年金問題」。
社会保険庁の杜撰さには開いた口が塞がらない思いです。
しかも国民にはなんの落ち度もないのに「救済」って言い方、
いったい何様のつもりなんでしょうか。<`ヘ´>

なんでも結婚して姓が変わった人は
番号の統合漏れが多いとか。
心配になったので、管轄の小諸社会保険事務所に行って来ました。
事前にネットで調べると待ち時間は「30分以内」とあったけれど、
もっと待たされるかも知れないので
文庫本を2冊持って出かけました。

着いてみたら20人くらいの人が待っています。
2時間くらい待つ覚悟で受付票に記入していると、
案内係らしき女性が用向きを聞いてきました。

内容を告げると「すぐにご案内出来ます。」との事。
なぜ??
他の人達は確認とは違う用事なのかしら??

まずは自分の手帳を出し、
払った記録が正確に残っているかデータを出してもらいました。
どれどれ。ふーむ。

カクニン( ..)カクニン 

OKです!大丈夫そう。
結婚前の厚生年金の記録も、
前後の国民年金の記録もちゃんとあります。

次は院長先生の分です。
預かった手帳を出し、
委任状を渡してデータを出してもらうと、こちらも大丈夫そう。
良かったー! って、
喜ぶのもヘンな話しですが。(-_-;)
それに体制は全面的に信用できる訳じゃありませんから、
これからも時々確認しに来ようっと。

5月○日(晴時々雨)

<東京ミッドタウン初体験!その3>

購入したのは看板ケーキだと云うジャンピエール。
テリテリしたチョコのケーキは院長先生の大好物です。
中にはピスタチオのムースだそう。
これまた先生好み。

ジェラール・ミュロでも似たようなケーキがあって
すごく美味しかったので、
似た感じのこれに決定。
スタッフもきっと気に入るはず。

他にも幾つか実家へのお土産に購入。
(名前は忘れましたが苺のケーキなど)

カフェ利用者特権「お店公認先入り」はちょっと気が咎めますが、
並んでいる人は皆ルールを了解している様子。

中に、見るからにオノボリさんのオバちゃんがいて、
ケーキを3つ注文し、全て別の箱別の袋に入れて欲しいと言っていました。
ここのお店の袋は普通の紙袋ではなく、
ちょっと厚手で丈夫な素材で出来ているので、
たくさん欲しいのかしら???
お店のスタッフは露骨にイヤなカオをしていましたけど、
オノボリオバちゃんはパワーで寄り切って、オバちゃんの勝ち。
後ろで見ているワタクシの方が緊張してしまう場面でした。

リッツカールトンのデリにも行って見たかったけど、
お腹が一杯で全く買う気が起きません。
次回の楽しみに取っておこうっと。

色々買ったので駐車料金がかなり割引になりました。
割引万歳!!(終わり)

5月○日(晴時々雨)

<東京ミッドタウン初体験!その2>

のんびり食べてもまだ時間があったので、
ワンコのお店に行って見ました。
OPENして日が浅いせいか、トリミングはトイプーちゃん1匹だけ。

参考までにペットホテルのスペースなど質問してみると、
今日はお預かりがないため見学も可能とのこと。
スイートルームは畳1枚分くらいでしょうか。
携帯で愛犬の様子が24時間見られる監視カメラがついていました。

りーちゃんを預けること、あるかなぁ?

当院ではよそのワンコをお預かりしていますが、
いざと云う時自分の家のりーちゃんを安心して預ける施設がない!のです! 

旅行や学会などで院長先生と私の2人ともが家を空けるときは、
東京であればワンコOKのフォーシーズンズに泊まるor実家に預けます。

その他の場合は実家の母に、軽井沢まで留守番に来てもらっていますが、
急な時はどうしようと時々考えます。
まあその時は当院のスタッフのおうちに留学かしら・・。

そのりーちゃんのために低塩きびなごのおやつを買って、
いざ「Toshi  Yoroizuka」へ。
お店の前にはケーキを買うのに、未だに30人くらい待っています。
ヒトがヒトを呼ぶのね、きっと。

カフェの席はL字型で、
カウンター越しにパティシエが一所懸命デザートを作っています。
お寿司屋さんみたいです。
何かの媒体で見たことがあるToshi Yoroizuka本人もいました。

メニューにはこの店内でしか食す事の出来ないデザートが4品と
ドリンクが載っています。
あとはショーケースのケーキからも選べるとの説明。
せっかく来たから店内メニューにしてみました。
私は小夏とココナッツのミルフィーユ。
(ナツナツ小夏ココナツのミルフィーユ ココナツのアイスを添えて・・・みたいな名前でした)
大好物の小夏とこれまた大好物のミルフィーユが一緒だなんて!

友人はショコラのなんとかです。(ヒトのはよく覚えてません(@_@;))

オーダーすると目の前のパティシエが、
フルーツを切ったり、型に入れた生地をオーブンに入れたりしています。
気分はお菓子教室の先生実演を見ているような感じ。
先生の手元が見える鏡はないけれど。(あればいいのに。)
待つ間もなかなか楽しいです。
そして良い香り。

お味はですね、
ミルフィーユはサックサク、濃厚なカスタードと
さっぱり爽やかな小夏の組み合わせがグーです。
個人的にはもっと小夏を多めにして欲しい。
秀逸なのは添えられたココナツのアイス!
絶品でした。

ハンバーガーを食べてミルフィーユも食べて、お腹一杯。
もう何も買う気が起きません。
ですが、軽井沢で頑張って仕事している
院長先生やスタッフのために、
やっぱり買って行きましょう。
列に並ばずに買えることだし。

(その3に続く)

5月○日(晴時々雨)

<東京ミッドタウン初体験!その1>

今日は急用で、2週間ぶりに東京へ行きました。
用事は午前中に済んでしまったので、
いつものデパ地下散策もしくはホテイチにでも行こうかなぁと考えましたが、
ふと「そうだ、ミッドタウン、行きたい!」と思い立ちました。

早速港区在住のヒマヒマセレブマダムの友人に電話、
現地集合となりました。
駐車場はゆとりある作りでホッとします。
駐車場が狭いとイヤなんです。(駐車がヘタだから)

まずは長蛇の列をなすことで名高い「Toshi  Yoroizuka」へ。
その友人の話しでは、カフェを利用すると並ばずに購入できるとか。
ふーん、じゃあそうしましょう、と即決。
並ぶのって大の苦手なのです。

カフェの方も開店同時でないとすぐには入れないそうですが、
係りの人に名前を告げておけば、通される大体の時間を教えてくれるので、
それまではその場を離れられるとのこと。
やっぱり東京人は事情ツウだわねー。
すっかり感心しつつ、予約を入れました。
告げられた時間は1時間20分後でした。

本当は、これまた話題のBotanicaへ行ってみたいと思っていましたが、
1時間20分ではあまりに慌しい。
そこで第2候補のBaker Bounceへ。
高級ハンバーガーには目がないワタクシ。
三軒茶屋店には訪れる機会がなかったので、これまた楽しみです。
ここはタイミングが良くてほとんど並ばずに入れました。

店内は思ったより狭い。
でもお肉を焼くいい香りが漂い、食欲をそそられます。
店員さんも忙しいのにすこぶる感じが良い!
ワタクシが注文したのはエッグベーコンバーガー。
待つこと約10分。
運ばれてきたのはこちらです!

かなりなボリューム。
パティは粗引きで歯ごたえがあり、僕は肉!と存在感を示します。
フライドエッグはふーんわり。
一緒に食べると異なる食感がおもしろい。
そのままの味付けでも充分美味しいのですが、
一緒に運ばれてきた自家製ケチャップもスモーキーで美味!

そして画像では隠れて見えませんが、
左側のバンズにはタルタルソースがたっぷり塗られているので、
色々な味で楽しめます。
付け合せのコールスローも甘ったるくないし、
ポテトは外はカリカリ中はホクホクだし。
うん、合格!

惜しむらくは自家製ベーコンがちょっとしょっぱいこと。
次回(があるとすればですが。色々なお店に行ってみたいので・・)は
ベーコンなしを選ぼうっと。(その2に続く) 

5月○日(曇)

おめでとう、白鵬関!
いよいよ新横綱の誕生です。

実はワタクシ大相撲が大好き。
(院長先生は相撲にはまったく興味がないようです。くすん)

相撲が盛んな土佐の血が体内に流れているためか、
それとも相撲好きの周囲の影響か、
取り組みを観ているとワクワクして血が騒ぎます。
琴光喜がごひいきの愛子さまとも話しが合いそうですわー。

なんといってもあの独特の雰囲気、
それと勝負の早さ、土俵入りの勇壮さ、
化粧まわしの華麗さ。
どれを取ってもワタクシ好みです。

歌舞伎が好きなのと通じるモノもあるような。

願わくば日本人の横綱が誕生することですが、
出身国にかかわらず強い力士がどんどん出てくるのは嬉しいことです。

若い白鵬にはなかなか大変なことでしょうが、
これから是非とも「横綱の品格」を身につけて欲しいと願ってやみません。

そして一度でいいから溜席(砂かぶり)で観戦してみたいです!!
やっぱり相撲部屋にコネがないと難しいのかしら・・。

5月○日(晴)

お取り寄せその2。
今日は残りが少なくなり、あせって注文したまつのはこんぶが届きました!
これがないと生きていけないほど大好き♪

院長先生はこんぶ全般が苦手なのですが、
これだけは食べられる・・と言うより、大好きなのです。
院長先生のこんぶに対する概念をくつがえしたほどの逸品。

もともとは他所様から頂戴したのですが(ありがとうございます)、
あまりに美味しくて、大阪の親戚に聞いて、
自分でも取り寄せるようになりました。

すっぽんで炊いたと云うこんぶ、
見た目は細くて乾いていて、いかにも松の葉という感じです。
ご飯に乗せても、お茶漬けにしても、混ぜておむすびにしてもGood。
お薦めはそのままチビチビとつまむ食べ方。
舌の上にずっと置いておくと、どんどん変化する味わい深さなのです。

白身のお刺身にちょっとだけ乗せても美味しい!

(画像はボケボケです)

5月○日(晴)

ワタクシは、いわゆる「お取り寄せ」が大好き!
到来物が多い家に育ったせいか、
全国の美味しいものには目がありません。
結婚する前はデパ地下や催事場の物産展に、
ヒマさえあれば行っていたくらいです。

軽井沢にはデパートがないのですごく淋しい・・。
東京に行くたびに色々買い込んでは来るのですが、
日保ちのしない物はそうそうたくさん買えないので、
自然と取り寄せが多くなります。

今日は泉州から水なすのお漬物が届きました。
わーい!(^O^)
たっぷりの糠から出てきた泉州なすは
プリップリで、宝石のように輝いています。
お店の説明には、ヘタを取ったら手で裂いたほうが
美味しく頂けるとあります。 

瑞々しいお漬物はそのまま頂いてもよし、
小さく刻んでゴマとおかかと混ぜてもよし。

しかも残った糠はもう1回使えます。
胡瓜を漬けようっと。家の糠床にも少し混ぜ込みました。
「もっと美味しいに糠床になーれ!」と念じながら・・。

5月○日(雨)

気になっていたケーキ屋さんに、今日行って見ました。
タムラの系列ケーキ店が新しくOPENすると去年の冬から聞いていて、
以来、ずっと心待ちにしていました。
タムラや無彩庵でコースの最後に供されるデザートは
見た目も美しくお味も絶品なので、系列店も期待大!です。

雨のせいか駐車場には1台も停まっていません。
よかったー。
カイエンSは大きくて停めにくいから、
初めての場所で一人で停めるのはちょっと不安なのです。
(ワタクシの愛車みーちん号はボディコーティング中なので、
家にはただ今院長先生の車だけなのです。)

店内はゆったりとしていて、奥にはカフェもありました。
スタッフの分も合わせて今日はエクレアのショコラ味とモカ味、
パッションフルーツとチョコのタルト、
マダムK(ワタクシのためにあるような名前のケーキ!)というチョコのケーキ、
それからパンもあったので購入してみました。

ケーキは全体的に小ぶりで
そのぶん値段も控え目なものが多かったです。
お味は、期待どおり!
甘さ控え目で大人の味。
今回買わなかったトマトのタルトなど、次回また試してみたいと思います。

そうそう、お店の名前は「collection actuelle」です。

5月24日(晴) その3

大満足のランチを終えてもまだ13時過ぎ。
気候も良いし、これからりーちゃんと長いお散歩に行こうかなぁ。
美食だったからカロリーも消費しなくっちゃ。

一旦家に帰って、ラフな格好に着替えてイザ出発。
りーちゃんのお散歩はコースを決めず毎回違ったルートにしています。
決まったコースだと縄張り意識が強くなっちゃうだそうです。

今日はささやきの小径から三度山を巡って、
旧軽方面に行こうかな。
新緑の軽井沢の林の中は
鶯をはじめ、色々な鳥の声が降るように聞こえます。
ワタクシは歩く速度が早いそうです。
一緒に歩く人みんなに指摘されます。
その早い速度にあわせて、りーちゃんも一所懸命
トコトコテクテク歩きます。

お散歩大好きりーちゃん。
脇目もふらず前進あるのみ。可愛い後姿です。
でもたまーに振り返って、ちゃんと私がいるか確認するのがまた可愛いです。

歩くこと約2時間、私は汗だく、りーちゃんは足が真っ黒。
家に着いたら一緒にシャワーを浴びようね、りーちゃん。 

5月24日(晴) その2

今日は久しぶりに予定のない休日。
最近はお昼をきちんと摂り、
夜は控え目の食生活を心がけているので、
ちょっと豪華なランチをのーんびり楽しもうと思い立ち、
お気に入りの無彩庵に予約を入れました。

こちらのお料理は、大地の滋味を感じることが出来る、
とびきり新鮮な野菜がふんだんに供されるので大好きです。

一皿目はグリーンアスパラの半熟卵添え。
太くて立派なグリーンアスパラはしゃっきりしていてしかも全然スジっぽくありません。味付けはバルサミコのソースで爽やかです。
うん、目が覚めてきた。

次に出てきたのは焼きたて、カルダモン風味の熱々パン。
ちぎるのが大変なくらい熱々です。
もっちりしていて、ほんのり甘味を感じます。

新じゃがのスープの次は、メインの越の鶏の北京ダック風。
想像と違い柔らかい肉質。味わいもあっさりしています。
濃い目のソースと舌の上でよく絡みます。
付け合せの野菜もたっぷり!
体が喜んでいるのがわかります。
うーん満足。

デザートはガナッシュの水まんじゅうorマンゴープリン。
フレンチなのに水まんじゅうって、変わってるー!と即決。

ぷるっとした葛の中にガナッシュとオレンジが透けていますが、
一見するとあんこにしか見えません。
言われなかったら普通の水まんじゅうだと思ってしまいそう。

中はコクのあるガナッシュとさっぱりしたオレンジで
絶妙なバランスです。

大満足のランチを終え、
開店したばかりの系列ケーキ店のショップカードと情報をしっかり仕入れて、
無彩庵を後にしました。