2020年12月〇日

今年も残すところあと3日・・・。

今年最後の外科は、急患がなければですが、
にゃんこの避妊手術になりそう。

おなかの術創を舐め壊さないように、術後は
当院特製の可愛いチョッキを作って着せています。(*^_^*)
このチョッキ、術後麻酔から覚めるまでの短時間に、
タオルからワタシがいい感じで作成していきます。

アリーちゃんはピンクがよく似合っていますよね。

2020年6月〇日

新型コロナウイルスの影響からほとんど出かけず、
自分でも驚くくらいの巣ごもり生活を送っています。

私の場合、職場と自宅が一緒ですから、
通勤は実質自宅の1Fと2Fの片道五十歩のみ。
ちょっと不健康で、間違いなく運動不足です。
2月以降、あらゆる学術集会が軒並み延期か、中止。
学術情報はすべてオンラインセミナーに様変わり。

今やほとんどの医薬品がネットでオーダー、カードで決済。
営業担当の顔、なんだかすでに忘れかけている・・・。
たまに販促資料が送られてはくるみたいだけど。
これがWith CORONA とやらなのかな~、
本当に刺激の少ない生活になるのかと危惧していたら、
なんと野鳥のシジュウカラが、
病院わきの散水栓に巣を作ってくれた!
おかげで、毎日楽しく小鳥を観察しています。

「今のところ危険はなさそうだけど、
散水栓の巣に近づく際は、一旦近くの木の上から
警戒しないとね!」
みたいに考えているのかな?

2020年6月〇日

立て続けにわんこの膀胱結石の手術を行いました。

そのうち、後の方で手術したわんこ、
昨日飼い主さんに摘出された結石をお見せしたところ、
一言、「うわ、大きい方はマカデミアナッツみたい!」
と驚かれました。

言われてみれば、なるほどその通り!
言い 得て妙、すばらしい表現力です。

あたらめて、飼い主さんの鋭い表現に感心しました。

2019年12月〇日

早いもので、新年を迎えるまであとわずか。
改めて院内のカレンダーをめくりながら
今年一年を振り返ってみました。

今年は例年以上に学術講習会や学会に
出かけることが多かった。
数えてみたら16回ほど。
毎年出かけている所属する学会などに加えて、
今年は新しい抗体医薬品が発売されたり、
新たな炎症マーカーが発売されたりして、
関連企業の開催する講習会にも頻繁に
出かけていましたから、当然ですかね。

いくつになっても学ぶべきことがある、
この仕事の奥深さを実感した1年でした。

2019年5月〇日

今日は柴犬のマサル君がやってきた。

甘えん坊のマサル君は、お留守番がきらいらしく、
半日に及ぶ留守中に怒りを爆発させて、
なんと自分のハーネスをかみ砕いて、
その一部を食べてしまいました。
異物を食べるという悪いくせがあっても
今まで大事に至ることがなかったので
飼い主さんは軽く考えていたみたいですが、
その日の夜から激しい嘔吐が始まり、
心配した飼い主さんが緊急で連れてきました。

レントゲン撮影で確認したところ、
案の定異物が確認されました。

最終的には内視鏡で異物を摘出できたので、
おなかを切ることなく、最小限の処置で
事なきを得ましたが、最悪開腹手術も考えられた
危険なケースです。

最近はハーネスを利用される飼い主さんも
多く見受けられますが、今回のような例に遭遇すると
散歩以外では外しておくほうがいいのかな・・・、
と思いました。

2020年 1月〇日

令和二年を迎えました。
干支はねずみということで、
今年も干支の動物に扮したコンベニアちゃんを
院内に飾ることにしました。

手術台の上で撮影しましたが、
普段は診察室のシャウカステンの上に載せています。
可愛いので見てくださいね。

ちなみにコンベニアちゃんとは、某製薬メーカーが
持続性抗菌剤の発売を記念して作ったキャラクターで、
主だった病院に配られているもの。
今回で干支十二支全て出そろったと思われます。

2019年8月〇日

日本小動物医療センターが、懇意にしている病院を対象に
毎年実施している学術交流セミナーに行ってきました。

会場は大宮駅前の大きな国際会議場ですが、
受付開始まで、まだ30分ほど時間があいたので、
久しぶりにドトールに入りました。

最近はやりのタピオカドリンクが目的です。
ネットなどの情報では、
様々なお店がそれぞれの味でこれを提供していますが
その中でもドトールのが美味しいと話題になっていたので、
躊躇なくこれを注文。

う~~~ん、おいしい(^O^)/
かなり前になりますが、台湾を旅行した際に飲んだ
タピオカミルクティーによく似た味と食感でした。

台湾といえば、当時なんと狂犬病が複数発生しており、
駅のホームや街中の至るところに注意喚起する広告が張られ、
ちょっと緊張した中で旅したことを思い出しました。

おいしいタピオカドリンクからついつい狂犬病を想像してしまう、
これは一種の職業病かもしれませんね。

2020年3月〇日

新型コロナウイルスに関する情報が錯綜する中で、
香港政府の発表が話題となっています。

たしか犬において新型コロナウイルスの感染が
認められたという内容と承知しておりますが、
少なくとも国内ではこのような報告はありません。

環境省が公式見解を発しているので、
気になる方はそちらも参照してください。

2020年1月〇日

妻曰く、
「かわいいキャバリアが出演している映画があるの!」
というわけで、久しぶりにCDレンタルしてさっそく観ました。

邦題は「アデライン 100年目の恋」

とっても和むシーンでしょ。 (*^_^*)
実は映画の最終シーンでキャバリアの仔犬も登場します。
名優ハリソン・フォードも出てくるし、
映画の設定やストーリー展開も十分楽しめるけど、
やはりキャバリア好きにはたまらない作品でした。

2020年2月〇日

新型コロナウイルスへの警戒感が広がる中で、
獣医師を対象としたセミナーや学会等も、
軒並み中止や延期に追い込まれています。
特に海外から招聘されるような高名な先生方は
ほとんどが高齢ですから、来日を躊躇されるみたい。

米国をはじめ、日本への渡航に注意を喚起している国も
複数ありますから、これは致し方がないことです。

それにしても、この状況いつまでいつまで続くのかな?
新型コロナに関する暗いニュースばかりで
さすがに気分が落ち込んできました。(T_T)

もっと明るいニュースがないかなあ~(^O^)/、
と思う今日この頃です、